世界で最初に架けられた鉄の橋は、産業革命発祥の地である英国シュロップシャー州アイアンブリッジにあります。世界遺産にも指定されているこの橋は普通名詞が固有名詞となって「アイアン・ブリッジ」と呼ばれています。鋳鉄製の半円アーチが水面に映った影とあわせて円形となった美しい姿は、産業革命の成果として当時から観光名所だったそうです。

 中央径間100フィード(約30m)のこの橋はフランス革命の年、1779年に完成しました。溶接やボルトを用いることなく、ほぞ孔やはめ込み継ぎ手を設けて、材木を組み合わせるようにしてアーチが構成されています。周囲に点在する産業革命当時の面影を残す数多くの遺跡の中心として、現在でもセバーン川を渡る歩道橋として人々に利用されています。

 世界初の鉄の橋が架けられてから約230年。鉄の橋の技術は全世界に広がり、数多くの橋が架けられました。  そして今、架けられてから長い年月を経て病みながらかろうじて重い荷重に耐えている橋が少なくありません。橋もリハビリテーションが必要な時代になりました。

 京橋メンテックは昭和24年の創業以来一貫して橋のメンテナンスに従事してまいりました。
 現在では調査研究・リハビリ設計からリハビリ工事の施工までを一貫して行うユニークな会社として橋の保全のお手伝いをさせていただいております。

新着情報

2017/4/3
会社分割、会社紹介更新
2016/1/19
発表論文一覧に本文を追加(2件)
2016/1/14
平成27年分 発表論文一覧更新
2014/12/25
HPリニューアル

会社情報

所在地
〒536-0014 大阪市城東区鴫野西2-2-21

連絡先
TEL 06-6961-6173
FAX 06-6961-6177

メールでのお問い合わせ